外貨預金について学ぼう!

外貨預金の種類について

外貨普通預金と外貨定期預金

日本では円預金において普通預金と定期預金がありますが、これは外貨預金においても同じです。外貨普通預金と外貨定期預金が存在します。
外貨普通預金の場合は、いつでも引き出すことができます。年利が決まっている場合が多くなっています。いつでも引き出せるということで、手軽さがあります。
外貨定期預金のメリット、デメリットとして挙げられるのが、外貨定期預金の場合、期間に関わらず、預けた時の金利がずっと適用されるということです。
これは、メリットとデメリット、どちらにも働くことになるでしょう。自分でどのくらいの期間預ければ良いのかをしっかり見極める必要があります。
外貨普通預金と外貨定期預金、どちらも基本的に日本円のものより金利が高めです。

タイミングが重要

外貨預金の場合、たいてい、日本円よりも金利が高くなっており、普通預金よりもお得です。
また、為替レートによって、払い戻した時にかなり得をする場合があります。外貨預金をした時よりも、払い戻した時に円安であればお得になります。
そのため、外貨預金は投資として人気です。その一方で、得をするパターンばかりではないということもしっかり覚えておきましょう。払い戻しの際に円安になる場合もあれば、円高になっている場合もあります。
いつ、どの程度外貨預金をするのか、また、払い戻しのタイミングも非常に重要です。わからない時には調べたり、プロに相談しながらやってみることがおすすめです。
自分でうまくタイミングを見ることができるようになれば、楽になりますね。

TOPへ戻る